10代のころニキビ肌であきらめていた私、気付けば40代になり・・・

初めてオデコにニキビができたのは、小学校4年生の頃でした。オデコだったので前髪で隠していればバレなかったのですが、大きくなるにつれてTゾーンも頬も、ニキビだらけになりました。

ヴィオテラスCセラムの口コミ!

美容に無関心だった両親は、「石鹸でよく顔を洗え!」そんな事しか言いませんでした。脂性でニキビができると思っていたので、洗顔後、保湿などの手入れもせず、いつも洗いっぱなしでした。40代になり、友達がエステサロンを営しはじめたのをきっかけに、エステに通い始めました。いかに、保湿が大切なのかをこんな年になって知らされたのです。

子どもの頃の私は、ニキビができないように保湿をしなかったせいで、顔は必死に油分を出していたのだということを知りました。子どもの頃、ニキビで悩んだ私は、膿の溜まったニキビが嫌でいつもつぶしていました。その跡が年齢を重ねた今でも残っています。皮膚はザラつき、手で顔を触るとザラザラボコボコした感触が伝わります。しかし、エステに通い始め、ただの主婦なので1か月1度だけのサロンですが、毎日の洗顔のあとにはたっぷりの化粧水をつけたり、パックをして保湿に心がけます。

そして、そのあとは保湿クリームをたっぷり!手当てという言葉があるように、私は自分の手を顔にあて優しくマッサージをし、手当てすること3ヶ月、今では、手にザラつきを感じることはありません。ツルツルした頬を感じることはないと生きてきた私は、40代になり、初めてプックリモチモチした頬を手に入れることができました。年だから、ニキビだから、あきらめたり、悩んでいる方に、いつからでも変われる!って知ってほしいと思います。