上腕を効率的に鍛えるトレーニング

Youtubeやブログといったテクノロジーの影響もあり、筋肉後進国の日本においても筋肉トレーニングを行う人口は増大傾向にある。

メイプアップの筋トレへの効果と口コミ!

その影響により、ボディビルといった大会のほか、現在ではフィジークという競技もある。
フィジークはボディビルよりもマイルドな、「かっこいい体を作る」競技であり、特に上半身の筋肉によって評価される。
よって、本記事では上腕のトレーニングについて述べる。

1.上腕二頭筋
上腕二頭筋に最適なトレーニングは、コンセントレーションである。コンセントレーションとは、椅子に座って片手で上腕二頭筋に負荷をかけるトレーニングである。
このトレーニングでは、自分で特に負荷をかけたい箇所をピンポイントに鍛えることができるため、美しい体づくりが可能となる。
しかし、慣れるまでに時間を要するといったデメリットもある。

2.ワンハンドフレンチプレス
ワンハンドフレンチプレスとは、ダンベルを片手て頭部の後ろがで上げ下げを行うトレーニングである。上腕三頭筋は上腕二頭筋よりも斤量が多いと言われているために、
より効果が見えやすい。
しかし、あまりに高重量でこのトレーニングを行うと肘の腱が断裂してしまうといったリスクもある。

この2種目をこなせば、通常の生活ではあり得ないほどの太い腕を手に入れることができる。