年齢と共に薄くなり白髪が増えてきた

子どものころから20代のころは、本当に髪の毛が全体的に多くてしかも硬い上に真っすぐな髪の毛だったので多すぎることがとても悩みでした。しかもあたまのつむじが二つあり髪の毛を結ぶときにもきちんと結べず、そのせいで髪の毛も伸ばすことなく大体は短い髪の毛にしていることも多かったです。

MEDULLA(メデュラ)シャンプーのレポートと効果

ところが、30代に入ってからでしょうか、あれほど多かった髪の毛が少しずつ減っていきまして今46歳になりましたが、全体的に髪の毛のボリュームが減ってしまい分け目もくっきりとなって今度は薄くなってきたことが気になりました。大体の人は年をとると髪の毛が薄毛になってきますが、こうも減ってくるとは思ってませんでした。

そして、同じように気になりだしたのが白髪で、30代の後半ぐらいは全体的に少しあっただけだったのが、最近では全体的に白髪があってそれを見つけるたび抜いてはいけないとあっても、つい気になって抜いてしまいます。これも仕方がないとはいえ、やっぱり年を取ったなぁと思うと無性に落ち込みたくなります。白髪も全体的に白いなら別ですが、中途半端にあちこちあると黒が多いので余計に目立つのも悩みですね。これから、もっと増えていくと思うと、余計落ち込みそうですが気になってきたら染めるという方法もあるのでもっと楽観的に捉えようかと思います。