遠距離恋愛の私たち。

こんにちは。
私は20代後半の男です。
付き合っておよそ5年になる彼女がいます。
現在は結婚も考えております。

シンママに出会いが見つかる婚活!

世の中には遠距離恋愛をされてる方もたくさんいらっしゃると思いますが、
彼女と出会った当時は、まさか私が遠距離恋愛をすることになるとは夢にも思いませんでした。

私と彼女は、関東と九州での遠距離恋愛をしています。
私の両親の話になりますが、父母ともに地元が近く、もちろん会うのに電車に乗ったり、ましてや飛行機に乗ったりすることもないような人たちです。
そんな両親をもつ私ですので、結婚もいい人がいたら難なくできるだろうと、そう難しくは考えていませんでした。

付き合いはじめた頃は毎日電話、最近はSNSもあり、距離を感じることなく次に会える日を楽しみにすることができていました。
しかし、距離があり、会えるのも何ヶ月に一回ともなれば、相手を信じ続けられなくなる瞬間も出てきます。
私は一途に彼女を思ってきたつもりです。
彼女にもわかってもらえていると信じていました。
ですが、彼女の不安は些細なことで大きくなり、それがケンカにつながることもありました。

ある日、結婚の話が出た時、つまりはどちらかがどちらかの地元に行くという話になった時のことです。
彼女が地元を離れたくないことは知っていましたし、かと言って私にも仕事があります。
私が地元を離れるとしても、今までのキャリアを捨てること、何もわからない彼女の地元で仕事を探すことが、
私にはとても難しく、不可能に近いことだと思っていました。

その話をきっかけに私たちは、「別れる」という選択をしたのです。

結果、今はまた元の鞘に戻ったわけなんですが…笑

実際に生き甲斐とも言える存在を失った瞬間があったことは間違いありません。
その瞬間があったことで私は、より一層彼女のかけがえのなさについて再認識し、
また、彼女の中でも同じことがあったようです。
お互いに「こころの距離」が歩み寄れたところで、今また結婚についての話をしています。
お互いが条件を押し付けるのではなく、歩み寄れるように。

そして、私は会社に辞める旨を伝え、転職活動をしています。

勇気をくれたのはやっぱり彼女でした。
この先も変わらず愛していきます。